比例道
| フロントページ | 新着 | 一覧 |

文字のみコンテンツの理由

このサイトのページには画像がない。2年前まで私のネット環境は9600bpsのモデムによる常時接続だったから、そのときの習慣が続いているのだ。ADSLに変えたのは2年前だった。また今でも9600bpsの携帯電話でもアクセスするからという理由もある。
文字だけコンテンツの例としてブログがある。ちょっと前までブログの定義に「文字だけ」という条件を挙げていた説もあった。最近、特に日本では画像付きブログが一般的になりそんな定義は廃れてしまったが、ブログ発祥の米国では、物事を文字だけで表現しようとする国民性がある。彼らの報告書や論文は絵やグラフより文字の割合が日本のそれより大きい。言葉による定義や厳密性を重視している文化のようだ。
webの発案者Tim Berners-Leeも文字だけブログだ。米国の場合ダイヤルアップもまだまだ多いということも理由のひとつだろう。