比例道
| フロントページ | 新着 | 一覧 |

diary/20111128

歯周病の恐怖

1ヶ月前から右上奥歯の外側に食べ物がはさまるようになった(と,思っていた).食事の後にいつもだ.ところが,指や歯ブラシでかきだしても何も出ない.おかしいなとは思っていたが,あまり追求しなかった.そして,今日超弦理論の本を読んでいたら(超弦理論と歯は全然関係ないのだが,たぶん脳が活性化モードになったのだろう),突然その原因に思い当たった.歯周病だ.食べ物がはさまっているのではなく,歯グキがはれて外側に膨らんでいるのだ.何でこんな簡単な(しかし重要な)ことに気付かなかったのだろうかと後悔しながら,膨らんでいるところをブラッシングした.ちょっと血が出たが,これは仕方がない.しばらくブラッシングを続けて治すしかない.ネットによると,日本人の大人の8割以上が歯周病にかかっているのだそうだ.歯周病は歯が丸ごともっていかれるので,虫歯よりも怖い.歳をとっても食べ物をおいしく食べられるように,きっちり治そうと思った.