Power Book G4を購入した。決してMac Book Proではない。Power Bookを注文してからMac Bookが発表され、そしてPower Bookはその後(今日) 届いたのだ。なんという間の悪さ。
気を取り直して使ってみた。設定は意外と簡単だったのだが、その中でも難しいところを記録しておく。

caps lockとcontrolの交換

MacOS X 10.4 Tigerではシステム環境設定のキーボードで設定できる。 交換する必要もなく、好きなマッピングができる。私は左下のキーはcaps lockでなくappleキーに アサインした。

日本語入力切り替え

ことえりの場合はappleキー+spaceである。

X11インストール

実はデフォルトがX Windowだと勘違いしていた。デフォルトではXサーバーは動いていない。 インストールが必要。付属のシステムDVDの一枚目の中にある。 これをインストールして実行しても見た目は変わらないが、 デスクトップがXのルートウィンドウになる。 xtermの中でssh -Y xxxxと他マシンにログインするとX11 port forwardingが効いて 他マシンのXクライアントが使える。引数-Yは-Xのtypoではない。おまじないらしい。

外部ディスプレイ

外部ディスプレイの電源をいれたままケーブルを繋げると自動認識して両方に表示される。

蓋を閉めて外部ディスプレイと外部キーボードで使うには

マニュアルに書いてあるが、

  1. まず蓋をしめてスリープさせる
  2. 電源を入れた外部ディスプレイを繋げる
  3. 外部キーボードを叩いてスリープから起こす

この場合の外部キーボードはBluetoothのワイヤレスキーボードとワイヤレスマウスでもOK


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-28 (土) 18:46:41 (298d)