reverse proxy

  • squid-2.5.stable13によるreverse proxyを導入した。うちは静的ページは少ないから実用的な効果はほとんどないと思うが、reverse proxyは負荷の振り分けなどいろいろ応用が考えられるので、将来にそなえた勉強の目的だ。
  • Pound+squidに変えた。現在こちらで運用中だ。

構成

squid

  1. ルーターにより 80->20050
  2. poundマシンにより 20050->80
  • ab (apache bench)でパフォーマンスを測定してみたら、さばけるリクエストが導入前の2倍になった。キャッシングが効いているようだ。
  • squidを使うとapacheのlogにsquidマシンからのアクセスとして記録されることが判明。log解析ツールawstatsを使っている関係上、これはまずい。awstatsはsquidのログも扱えるが、別のconfigファイルが必要になるので、閲覧が煩雑だ。

pound

  1. ルーターにより 80->20050
  2. poundマシンにより 20050->80で各サーバー(3台)へ振り分け
  • poundを経由しない8787は直接117の80へ行くので振り分け等はされない
  • poundはpound.cfgファイルでLogLevel? 3 を指定するとapacheと同形式のログを/var/log/messagesに出力する.
  • awstatsの実行時にapacheのaccess_logの代わりにfgrep pound /var/log/messagesをawkで頭の5フィールドを削除したものを使えばpoundを使わないときと同じようにawstatsが使える

今後の予定

  • wikiページのみ hinote2のapacheに振り分ける asqredirをredirect_programに設定することでできるようだ。
  • asqredirは転送先のURLが静的なのでうまくないことが判明
  • poundはhost名部分だけを入れ替えるのでうまくゆく。これでport番号8654を使った振り分けをしないですむようになった。->本件完了
  • poundにはキャッシング機能がないので、squidと組み合わせてキャッシングも使いたい
  • poundの後段にsquidを設置して所望の動作を実現した。->本件完了
    1. poundからsquidへ 20050->20040
    2. squidによりサーバーへ 20040->80

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-28 (土) 18:46:41 (533d)