比例道
| フロントページ | 新着 | 一覧 |

少数の部品加工はMISUMI

機械加工に悩んでいる友人に15年来お世話になっているミスミを紹介したら喜ばれた。

ミスミを使う場合でも図面は描こう

ミスミの標準部品を使うと図面を省略したくなるが、自分が加工するつもりで図面は描いた方が良い。見落としが防げる。

全部ミスミ製が無理なら

どうしてもミスミ製だけで構成できない場合がある。形状が合わない場合もあれば、精度が折り合わない場合もある。そのようなときは仕様を変更してミスミの部品に合わせるのも手だが、その部品だけを完全自作あるいは別の加工会社に外注した方がすっきりする場合もある。その場合は大抵の場合コストはかさむことになる。どこまでミスミでカバーするかその塩梅が悩ましいが、設計者の腕の見せ所でもある。