比例道
| フロントページ | 新着 | 一覧 |

新しいfirm linux.binへのアップデート

2008年頃からDD-WRTのファームがlinux.binに一本化された

  • ファームのサイズが大きくなったのでサイズエラーでwebからのアップデートが失敗するようになった
  • シリアルケーブルがあればRedBootから書き込める

シリアルケーブルがない場合のRedBootを使ったlinux.binの書き込み方法はココ↓

  • PCにTFTPDをインストールしてlinux.binを入れておく
  • PCのIPアドレスは192.168.1.166とする.
  • Fonera2100を工場出荷値に戻す
  • Fonera2100の電源を入れ,すかさずPCから192.168.1.254:9000へtelnetをかける
  • 運がよければRedBootのプロンプトが出る.
  • 後はDD-WRTのサイトのドキュメントに従う(下に掲示)


 RedBoot> fis init
 About to initialize [format] FLASH image system - continue (y/n)? y
 *** Initialize FLASH Image System
 ... Erase from 0xa83e0000-0xa83f0000: .
 ... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa83e0000: .
 
 load -r -v -b 0x80041000 linux.bin
 Using default protocol (TFTP)
 Raw file loaded 0x80041000-0x802e3fff, assumed entry at 0x80041000
 RedBoot> fis create linux
 ... Erase from 0xa8030000-0xa82f0000: ............................................
 ... Program from 0x80041000-0x80301000 at 0xa8030000: ............................................
 ... Erase from 0xa83e0000-0xa83f0000: .
 ... Program from 0x80ff0000-0x81000000 at 0xa83e0000: .
 
 fconfig
 enter the bootscript: 
 fis load -l linux
 exec
 
 save the config and do
 
 reset