比例道
| フロントページ | 新着 | 一覧 |

La FoneraでWDS

2008/1/1から挑戦中...1/27にWDSを諦めイーサネットコンバータでお茶を濁して終了.

親AP BUFFALO WHR2-A54G54

  • Apple Air Mac Expressでは何の問題もなくWDSに成功しているが,La foneraのDD-WRTでは手強い


firm V24 RC3および4での試行...失敗

  • 無線LAN WDSの設定
    • LAN 親APのMACアドレス
  • 無線LAN セキュリティの設定
    • SPIファイアウォールOFF
  • 無線LAN モード
    • WDS AP/WDS ステーション/APの3つを試す
  • 基本設定 モード
    • Firewall/router/ethernet bridgeの3つを試す
  • 基本設定 DHCP
    • OFF


firm V24 RC6.1(2007/12/29版)での試行...失敗

  • 無線LAN WDSの設定
    • LAN 親APのMACアドレス
  • 無線LAN セキュリティの設定
    • SPIファイアウォールOFF
  • 無線LAN モード
    • WDS AP/WDS ステーション/APの3つを試す
  • 基本設定 モード
    • Firewall/router/ethernet bridgeの3つを試す
  • 基本設定 DHCP
    • OFF


WDSは機器間の相性でどうしてもうまくいかない場合もあるようだ.La FoneraのDD-WRT同士ではRC4で成功の報告がある.


  • 古いfirmならば成功するとの噂もある.ところがDD-WRTのweb I/Fでは新しいfirmへのアップデートは成功するが,古い方へのアップデートは成功しない.面倒だがtelnetで入ってアップデートする必要がある.

 telnet 192.168.1.1
 login: root
 passwd: admin
 # cd /tmp
 # wget http://192.168.1.xxx/vmlinux.bin.l7
 # wget http://192.168.1.xxx/root.fs
 # mtd write vmlinux.bin.l7 vmlinux.bin.l7
 # mtd write root.fs rootfs
 # reboot

古いfirmへのアップデートのポイント

  • DD-WRTが動いている状態でnmapで調べると23(telnet),53(DNS),80(HTTP)が開いていることが分かった
    • Redbootにtelnetしなくても 通常状態でtelnetできる
    • DD-WRTのコマンドにはftpはないが,wgetはある
  • firmwareと呼んでいるものはvmlinux.bin.l7+root.fsのこと
    • サイズ的にもfonera-firmware.bin=3.5M, vmlinux.bin.l7=0.8M, root.fs=2.6Mで勘定が合う
    • web I/Fでアップデートするときはfonera-firmware.binだけを使うのはこのため
    • したがってシェルからmtdコマンドでvmlinux.bin.l7とroot.fsを書き換えればfirmwareを書き換えたことになる

評判の良いv24 beta 2007-0416版にしてみたが,相変わらずWDSはうまく行かない.謎...

もういちどRC3/4/5/6.1/6.2で試してみたがダメ.

  • 電波が弱いのかと秋月で外部アンテナ(3800円也)を買って付けてみたけど状況はかわらず.WHR2-A54G54とLa Foneraとでは何をやってもWDSはダメなのかもしれない.

Corega APM-11もダメ

  • Corega APM-11はDD-WRTではないのだが,LAN間接続モード(WDSのことだろう)が付いていたので使ってみた.やっぱりというか予想通りダメ.WHR2-A54G54とAir Mac Expressで簡単に成功した方が珍しかったのだろうか.

RC6.2のClient bridgeモードもダメ

  • 気分を切り替えて,要するに無線LANで有線LANを接続できれば目的は達するということでClient Bridgeモードも試してみた.通信はしているみたいだが,有線LAN間でPINGが通らない.
  • 結局wikiページのイーサネットコンバーター化設定にして,一応目的は達した.リンク先を見に行けば良いのだが,一応ここにも書いておく.ファームはRC6.2だ.
  • Security → Firewall

 SPI Firewall を Disable

  • Setup → Advanced Routing

 Operating Mode を RIP2 Router

  • Wireless → Wireless Security

 既存の無線APで使用しているWPAやWEPのキーを設定する

  • Wireless → Basic Settings

 Regulatory Domain: Japan
 Wireless Mode: Client Bridge
 Wireless Network Name (SSID): 既存の無線APのSSID

  • Setup → Basic

 Connection Type: Disable
 STP: Disable
 Router Name: と Host Name: を適当に
 Router IP - Local IP address を既存のLAN環境のセグメント内の空いてるIPを割り当て
 SubnetMaskとGatewayとLocalDNSは既存のLAN環境の設定と同じものを
 DHCP Server を Disable